和心美学

人生を再創造し 新しい生き方へ

尊厳を土台とした真のオリンピック精神を〜2021年東京五輪開催へ向けて〜

こんにちは!

 

昨日の令和哲学カフェでは、引き続き東京五輪開催について、熱い討論が行われました(^ ^)

 

動画はこちらからみれます

👇

www.youtube.com

 

今回、オリンピック開催を通して、まず開催国である日本国民が尊厳を土台とした、安心安全の心の状態をつくり、十分な感染対策をすることが大切だという令和哲学者のNohさんの言葉を聞いて、今までのオリンピックの歴史の土台の上で、心の時代がはじまって初めてのオリンピックは日本から真のオリンピック精神を発信することの大切さに気づきました。

 

そして日本が長年手放せなかった、モノづくり産業をストップし、安心安全な心をつくっていく真の教育産業を活性化するチャンス、タイミングだと思います。

 

不十分な条件での開催だからこそのリスクも承知の上で、開催を決断・覚悟する勇気は日本の底力を発揮する機会であり、そこに対して責任を取らない日本の曖昧な政治は、通用しない時代に入っていると感じます。

 

今ここ、安心安全の心を出発にした、人間の心、パートナーシップ、家庭、企業、地域、国家をつくっていく、そのモデル国家日本として、尊厳オリンピックを成功することが、今の時代に必要だと思います。

 

 

 

f:id:waringo:20210625104038p:plain