和心美学

❤︎大きく魅力が花ひらく新しい生き方へ❤︎

小説『白磁の人』を読んで

先日、日本民藝館に行った際に、以前から気になっていた小説『白磁の人』を購入して読みました。

 

f:id:waringo:20190602135124j:plain

 

以前映画の作品を見て非常に感銘を受けた作品でしたが、今回も小説を読んで、改めて

日韓問題の重要性を感じました。

 

浅川巧は日本が朝鮮を統治していた時代に、朝鮮で生き、朝鮮を愛し、朝鮮の土になった人です。

朝鮮の白磁柳宗悦に紹介し、日本民藝運動のきっかけになった人でもあります。

 

国家民族という境界線にとらわれず、浅川巧の生き方や朝鮮でなし得たことは、今の時代の人々が学ぶべきことだと感じました。

 

近年ますます関係性は悪化している日本と韓国ですが、令和の時代に入った今、新しい関係性をつくるときだと思います。

日韓からアジアの時代、世界平和の時代を創っていきたいと思いました。