和心美学

❤︎大きく魅力が花ひらく新しい生き方へ❤︎

生き方がアートに〜藍染の絞り片野元彦の仕事〜

先日、駒場日本民藝館の特別展に行ってきました。

 

f:id:waringo:20190523190655j:plain

 

日本民藝館へ足を運ぶのはこれで3回目です。

行くたびに、民藝館に展示してある工藝品の魅力を感じて、民藝運動の時代の歴史など

をもっと知りたくなり、ついつい長居してしまいます。。

 

今回の特別展のテーマである、天然藍による絞り染の第一人者として知られ、「片野

絞」と呼ばれる独自の技法を確立した片野元彦(1899-1975)さんの作品は、美しくて

風情があり、とても感動しました。

 

特に、このような美しい藍色をみたのは初めてでした。

 

藍の色は、我が民の持つ極美の色であり、他の国々の藍色よりはるかに優れた色である。 

片野元彦”絞と私”より抜粋 

 

写真家の藤本巧さんの記念講演会”片野元彦のこと”にも参加してきました。

 

片野元彦は命がけで仕事をした人なのだと感じました。

今までの人生のみならず、その先祖も含めた命を大切にし、

絞りを通して、”日本民族の生き方をそのまま表している。”

そのような印象を受けました。

 

このような心のある仕事が、継承されていくような日本をつくっていきたいと思いました。