和心美学

❤︎大きく魅力が花ひらく新しい生き方へ❤︎

大事なことを決められないときには・・・

こんにちは、マインドームコーチの岩永絵里子です。

残暑がまだまだ厳しいですね。。

 

意思決定や決断ができないことってありませんか?

 

今の仕事に満足していなくて、本当にやりたい仕事につきたいのだけど

動けずに止まってしまう。

食事や買い物をするときも中々決められない。

ご飯を食べるときなど生活の些細なことから、自分の将来やパートナーの選択

など、私たちの人生は常に選択と決断に迫られています。

 

心の底から満足して、自らの力で決めていきたい!

周りに影響力を与えられる人間になっていきたい!

そう思うことも沢山あると思います。

 

私もかつてそうでした(笑)

何か決めれないときは過去の成功体験から意思決定したり。

人の意見に影響を受けたり。

占いで意思決定したり。(日本人多いですよね。)

 

戦前の日本人は、職業や結婚相手など何か決めるときは周囲の人に相談したり

決めてもらったり、集団で意思決定することが多かったそうです。

しかし戦後の民主主義では「人生は自分で決めるもの」になりました。

 

「自分のことは自分で決めなさい、人生は自らの手で切り開くもの。」

現代社会の風当たりは厳しく感じます。

 

そして決められない人は自主性がないと責められる。

うつ病と診断される人は自ら何かを決められない人がほとんどと言われています。

 

意思決定や決断できない本当の原因はなんでしょうか。

私たち人間の意思決定は「観点」の中に固定されているので

機械的条件反射の中での意思決定方式です。

条件反射の中なので、本当の意味で意思決定ができないのです。

 

本当の決断は、その古い意思決定方式を自覚し、

新しい意思決定方式をしていくことです。

 

観点をリセットすることで、無限のループ、カルマから自由になります。

それができるのが認識技術です。

 

新しい意思決定することで無限の自信感ややる気に満ち溢れ、

正確で早い決断ができ、後悔のない思った通りの人生を歩んでいくことができます。

 

自分の古い意思決定方式のパターンを知るために、セッションがありますので

ぜひ試してみてください♪

 

 

waringo.hatenablog.com