和心美学

❤︎大きく魅力が花ひらく新しい生き方へ❤︎

Next Renaissance

5.24北海道リライズフェスティバルが開催されました

昨日、5月24日北海道リライズフェスティバルが開催されました。 本来であれば北海道まで行って参加する予定のイベントでしたが、コロナの影響でオンライン開催となりました(^^) イベントの概要はこちらです。→北海道Re・riseフェスティバル AI時代になり、さ…

人類の一点集中先とは・・・

最近は、コロナの話題やニュースで持ちきりですね。 私も仕事が1ヶ月休業になり、自粛生活がはじまりました(^^) そんな中、考えているのが、「このコロナウイルスが人類に伝えたいメッセージってなんだろう。」ということです。 人類長い歴史の中で、ウイル…

ウイルス“大感染時代”〜今こそ日本式ロックダウンが必要なタイミング〜

こんにちは!ellyです^ ^ 全世界で新型コロナウイルスの感染拡大がかなり深刻になっていますね。 昨日も、政府が緊急事態宣言を発令し、これから日本も本格的にウイルスの驚異と闘うタイミングなのだと感じています。 そんな中、3年前に今の状況を予測してい…

ピンチをチャンスに大反転!ポストコロナ on-line会議

今、新型ウイルスの感染の拡大が深刻化する中で、ロックダウンにより人と人、地域と地域、国と国の交流がオフラインで難しくなり、世界恐慌の危機にも直面しています。 私も今東京に住んでいますが、いつウイルスの感染が爆発するのか、それに伴った経済危機…

小説『白磁の人』を読んで

先日、日本民藝館に行った際に、以前から気になっていた小説『白磁の人』を購入して読みました。 以前映画の作品を見て非常に感銘を受けた作品でしたが、今回も小説を読んで、改めて 日韓問題の重要性を感じました。 浅川巧は日本が朝鮮を統治していた時代に…

台湾からみた日本の可能性

先日、最近ご縁があって、お世話になっている藤重太さんの講演会『義援金200億円!なぜ台湾から巨額のお金が日本に支援されたのか?』に参加してきました。 私が漠然ともっていた台湾に対するイメージは、親日であり、アジアの中でも親しみやすい国だという…

平成から令和へ〜日本人の新しい生き方とは〜

新元号の令和がはじまろうとする中で、平成を振り返ったり、平成のうちにやり残したことを考えたりする機会が増えている気がします。 私も時代を振り返る中で、私自身は昭和生まれで、昭和と平成の時代両方の時代を過ごしてきました。 私が生まれた昭和の終…

”今ここ”で生きる〜令和元年を迎えるにあたって〜

令和の発表から、色々なところで、”令和”という単語を目にするようになりました。 今、国際情勢や日本の情勢は決して良い状態だといえる状況ではありません。 けれど、危機の時にはチャンスも同時にあり、人類が大きく次元上昇するチャンスのタイミングであ…

人類の限界は、統合システムの限界⁈

最近、サピエンス全史、ホモデウスの本を読んでいます。 読んでいて面白いなと思うことが、人間はいつの時代も、共通土台が不可欠であり、人間の判断基準を統制するために、何らかの統合システムをつくってきた歴史があることです。 古代、中世の時代は、宗…

平成から令和へ〜日本から新しい時代を〜

4月1日、新しい元号『令和』が発表されました。 新時代の幕開けですね。 「令和には、人々が美しく心を寄せ合う中で、文化が生まれ育つという意味が込められている」そうです。 和をもって、文化文明を創ってきた日本が、今度はこれからの新時代をリードし、…

ひな祭りの由来

春を迎えたと思ったら、雨風と少し肌寒い天気が続いています。 今日は、ひな祭りでしたね。 スーパーや和菓子屋など、ひな祭りのご馳走やお菓子で溢れていました。。 この、ひな祭りの起源は、季節の節目や変わり目に災難や厄から身を守り、よりよい幕 開け…

人間が神になる・新人類『ホモデウス』とは??②

先日、サピエンス全史の勉強会に行ってきました。 人類歴史がはじまってからの流れをダイジェストで、体感するワークなどもあり、ホモ・サピエンスが始まる前の歴史から、農業社会、産業社会、IT社会、現代社会に至るまで、改めて深める良いキッカケになりま…

人間が神になる・新人類『ホモデウス』とは??①

こんにちは! 世界的ベストセラーのユヴァル・ノア・ハラリ (著)の『サピエンス全史』と『ホモデウス』が、今年に入りNHKのテレビの特集で組まれたのも機に、本屋でもよく見かけるようになりました。 『サピエンス』では人類の250年間の歴史を解析し、こ…

全てがつながる時代へ

こんにちは! waringo代表・マインドームコーチのERIです。 20世紀に入り、インターネットの急速な進化と共に、世界のグローバル化も進み、国家や民族の障壁をこえて、世界的に資本や人材、情報のやりとりがされる社会が発展してきました。 最近では、『Io…

究極の緊張から平和への大転換〜認識技術による「南北首脳会談」の解析〜

ここのところ、世界中で大きく話題になっている「南北首脳会談」。 韓国の文在寅大統領と金正恩委員長が会談し、分断と緊張の象徴だった38度線の板門店で行われた平和と繁栄、統一をうたった「板門店宣言」での国家の代表の笑顔に驚いた方も多いのではないで…